MENU

知っておきたい化粧品の消費期限

「高価だから少しずつ使おう」とか「またいつか使うかもしれない」という化粧品があるかもしれませんが、化粧品にも消費期限があります。

 

化粧品の消費期限は、未開封の場合基本的に約3年です。 3年経って異臭や変色など特に異常がなければ使っても問題ありませんが、必ず自分でチェックしましょう。
開封済みの場合、空気に触れることによる酸化や直接手で触ることによって容器に入りやすくなる菌の繁殖などのため、長くても消費期限は半年とされています。

 

開封済みの化粧品の中で、商品や使用する部位によって異なる使用期限を紹介します。
スキンケア用品、マスカラやリキッドアイライナーは3ヶ月以内です。 リップメイク用品、日焼け止めやファンデーションは6ヶ月以内です。 ペンシルアイライナーやアイシャドウは1年以内です。 チークは2年以内ですが、クリームタイプはより短くなります。

 

 肌トラブルを避けるためにも、しばらく使っていない化粧品は思い切って「断捨離しよう」と思います。 ぜひ手元にある化粧品の消費期限をチェックしてみましょう。